ツナギ売り実践塾
一生役立つプロ相場師の高等テクニックが学べます
分かっちゃいるけど損切りできないあなたへ
損切り不要な半自動売買のやり方、教えます

マイホーム vs 収益物件

マイホームの購入と不動産投資による収益物件の獲得のどちらを優先すべきか、と問われれば、個人のリスク許容度にもよりますが、明らかに不動産投資の方が優れた選択肢であると断言できます。



不動産を取得する場合、いくらかの自己資金に加えて銀行からの借入により物件の購入代金を賄うという点においてはマイホームの購入と投資用物件の購入に大きな違いはありません。借入金は当然ながら利息をつけて返済しなければなりません。自宅を購入した場合、この借入金の月々の返済がもっとも大きな負担となります。さらに、毎年取得した土地・建物に対して固定資産税および都市計画税(以下、租税公課)がかかります。基本的に自宅は一銭の収入も生み出さないことが普通ですから、借入金の返済と前述の税負担は自身の給与所得から支払わなければなりません。



一方、投資用物件には空室が発生するリスク、金利変動のリスクがあり、租税公課の支払いに加えて修繕費用や管理費など諸々のコストがかかります。ですが、総支出を補うだけの家賃収入があれば、あなたの給与所得をあてにすることなくローンの返済が可能です。いってみれば、あなたのかわりに入居者がローンを支払ってくれるのです。家賃収入から租税公課、営繕費、管理費、火災保険料、借入金元利返済分を支払って、手元に残ったものが税引き前の収入です。要するに、これがあなたのポケットに入ってくるお金です。この「手元に残ったお金」がキャッシュフローです。言うまでもなく、このキャッシュフローは「利益(あるいは、申告所得)」とは異なります。(この辺りの詳しい説明は、前章をご確認ください)



もしこの税引き前の収入、つまりキャッシュフローがマイナスの場合はその分だけ持ち出しになったということです。自宅を購入した場合は、大抵は家賃収入がゼロであるためキャッシュフローは常にマイナスであり、言い換えれば常に自己資金からの持ち出しです。不動産投資の目的は、キャッシュフローがプラスの物件を獲得することです。不動産投資とは単純にいえば大量の物件の山の中から毎月ポケットにお金を入れてくれるであろう【お宝】物件を探しだし、逆にポケットからお金を奪っていく【ガラクタ】物件は見送るという一種の宝探しゲームであると捉えるとイメージが湧くかもしれません。


「減価償却費」ってナンだ?

さらに、不動産投資には「減価償却」という自宅の購入時には認められないメリットがあります。減価償却とは、長期にわたって使用する資産を購入した際には、その購入費用を使用可能期間の全期間にわたって配分する手続きのことなのですが、物件の購入時に購入代金を支払っているため、毎年支払うことになる減価償却費は実際には一円の支出もありません。そして、税引き前の収入から経費としてこの減価償却費が差し引かれ申告所得が計算されます。

たとえば耐用年数が20年の物件を1億円で購入した場合、概算では毎年の減価償却費は500万円になる、という具合で減価償却費による支出はかなりの額になるため、大抵申告所得はマイナスになります。すると、この申告所得のマイナス分をその他の所得(給与所得や事業所得)と合算する「損益通算」が可能となります。要するに、申告所得のマイナス分だけ国に納める税金が安くなるという訳です。

このように、不動産投資は上手にやれば、毎月ポケットにお金をいれてくれるだけでなく、税の還付まで受けられる可能性のある実に有利な投資なのです。汗水たらして得た報酬を自宅の購入に充てるのか、投資用物件に充てるか、そのどちらが有利であるかは上記の考察によりほぼ自明であると考えられます。



不動産投資が他の投資よりも優れている点は多々あるが、まずとても興味深い違いを一つ説明します。その違いとは、「不動産では、あなたが儲けたお金の一部を損失とみなすことを政府が許してくれる場合がある」ということです。つまり、お金を儲けたのに、それに対して税金を課されるのではなく、所得控除が受けられるというわけです。その一つの方法が減価償却です。では、一体この減価償却とはなんなのでしょうか?所得控除が受けられるという、そのカラクリについて考えてみることにしましょう。



建物や建物付属設備、機械装置、器具備品、車両運搬具などの資産は時間経過と共にその価値は減っていきます。このような経年劣化する資産を減価償却資産といいます。ピカピカの新築も住んでいればいずれぼろくなりますし、新車も乗っていれば中古車になるものです。一方、土地や骨董品等は時間経過と共に価値は減少しないとされており減価償却資産には該当しません。



所得税は総収入金額から必要経費を差し引き、一定の税率をかけることにより求められますが、もし減価償却資産の取得に要した金額が全額必要経費として認められるのであれば、1千万円の収入がある年には1千万円のベンツを購入するという具合にして必要経費を意図的に増加させることにより、簡単に一切の税金支払いを逃れることができるようになってしまいます。そのため減価償却資産の取得に要した金額は取得した時に全額必要経費になるものではなく、その資産の使用可能期間にわたり分割して必要経費に組み込まれることになります。

今年の所得は1千万円 ⇒ 1千万円のベンツを購入

もしベンツの購入費用が当期に
全額経費参入されるのであれば、、、

⇒ 申告所得はゼロ!!
⇒ 税金支払いはナシ!?
⇒ そんなバカな!??
実際には、、、

今年の所得は1千万円 ⇒ 1千万円のベンツを購入

ベンツの購入費用は新車の場合
耐用年数の6年間で償却

⇒ 定額法では150万円
⇒ 定率法では319万円
結論
上記額のみしか減価償却費として経費参入されません!
やっぱし、税金は払わにゃなりません。世の中、そんなに甘くない!


さて、減価償却資産を購入した場合、その購入代金は何年か(正確には、法定耐用年数)に渡って経費参入される、という大筋はご理解いただけたことと思います。では、次にこの減価償却費にはどのような働きがあるのか、税金との関係性をもう少し詳しい数字を用いて検討してみることにしましょう。また、減価償却費はどのように計算されるのか。その計算プロセスについてもご説明します。


切っても切れない「減価償却費」と「税金」の関係

ここからが減価償却のオモシロいところ。減価償却資産の使用可能期間は、財務省によって決められており、この期間を法定耐用年数といいます。例えば、住宅用の木造建築の法廷耐用年数は22年と決まっています。もちろん、耐用年数が22年だからといって、22年間は使用できるかというとそういうわけではなく、2、3年後に大規模な修繕を要することもあれば、場合によっては30年間以上使用できることもあるかもしれません。法定耐用年数の意味合いは、あくまで減価償却費を導き出す際に用いる変数の一つであり、それ以上でもそれ以下でもありません。



例えば、法定耐用年数20年のマンションを1億2千万円(建物1億円、土地2千万円)で購入したとしましょう。土地は減価償却資産ではないので、単純に建物価格1億円を法廷耐用年数20年間で割ると、年間の減価償却費は500万円になります。本来の減価償却費の計算方法はもう少し複雑なのですが、今回は説明の都合上ざっくりと計算することとします。つまり、マンションを1億2千万円で購入したことにより、向う20年間にわたって自身のその他の所得(サラリーマンの場合は給与所得、医師や商工業者のような自営業の場合は事業所得)から必要経費として毎年減価償却費500万円を控除する事ができます。

仮に事業所得(ご自身の本業の収入を想定してみてください)が1千万円であった場合、所得税率は30%ですから必要経費が0円だと支払う所得税は300万円です。【実際には基礎控除額123万円を差し引くことが可能なので、(1千万円−123万円)×0.3=263万円)】


ですが、毎年減価償却費500万円を経費に参入した場合、事業所得は1千万円から経費500万円を差し引いた500万円となり、所得税率30%をかけ、支払う所得税は150万円になります。【実際には、(500万円−123万円)×0.3=113万円】

この単純な例からも分かるように、減価償却費に税率をかけた分(今回の例では、500万円×0.3)だけ所得税が安くなっていますね。500万円分の減価償却費が収入から控除されたことにより、結果的に150万円の税金の還付が請けられたことになります。ここで少々混乱するかもしれませんが、上記の取引を振り返ってみましょう。初年度にマンションを1億2千万円で購入した以降は、支出はありません。しかし、税法上は毎年減価償却費として500万円を支出していることになっています。ですが、実際には減価償却費には1円も支払っていません。減価償却資産の獲得時に代価を既に支払っているからです。

言い換えれば、減価償却費とは税法上は支払っているけど実際には出て行かない「見せかけのキャッシュフロー」なのです。これこそが、減価償却費は税金を支払わせるのではなく、利益に対して税制上の優遇措置を与えてくれる仕組みなのです。

減価償却費の仕組み/定額法と定率法の違い

ツナギ売り実践塾メンバーズサイト

FX業者も知らない両建て戦略のメリット教えます!

両建ては「買いポジションも売りポジションも両方持っている状態」を意味しますが、 この技術を適切に使いこなせるようになるためには両建ての原理の理解が不可欠です。中途半端にしか理解していない状態で手を出すには結構リスキーな売買テクニックです。 しかし両建て、いわゆる「つなぎ売り」を使いこなせるようになると、

損切りせずに損失額を一定水準に止めることができるようになります

損切りが不要になるため、結果的にもの凄く勝率が跳ね上がります

そのため、ほとんどの場面で利益が優先する状況になります

しかも、一度売買注文を出せばあとは 放っておくだけなので、
ほぼ半自動売買です


上記のように両建てを理解すると、通常の「売った、買った」の単発売買とは明らかに次元の違う投資手法の構築が可能になります。しかしながら両建て戦略を使いこなせている投資家はほぼ皆無と言っても過言ではありません。


両建て戦略が世に広がらない大きな理由

FX業者は「両建ては経済合理性を欠く」とのもっともらしい理由でデメリットばかりを強調しますが、両建てのメリットについては一切言及していません。それはなぜか?要するにFX業者でさえ両建てのメリットを十分に理解していないのです。それでは両建てに関する新事実をこっそりお教えしましょう!
会員ログイン
入会案内
料金プランの選び方
FX投資教材
勝率9割!損切り不要のFX投資術
FX半自動売買術【エントリープラン編】
【1−1】ポジション解体マニュアル
実践塾内でダウンロード可能なコンテンツ
ツナギ売りの真髄 (3,600円)
くじけない株式投資 (22,500円)
複利表 (3,150円)
不動産シミュレーター (3,150円)
各種売買譜(非売品)
鞘取り用「ブロック」(非売品)
※コンテンツは、順次増えいく予定です
FX投資運用成績
運用成績
使用FX口座
マネーパートナーズ
無料情報
殿堂入りメールマガジン
無料メールセミナー
ツナギ売り体験談
Q&A
Q&A
連絡先・その他
連絡先
取材申込はこちらから
プロフィール
利用中のWebサービス
インフォカート
ロリポップサーバー

「ツナギ売り」入門
ポジションの作り方講座

「ツナギ売り実践塾」 8日間無料メールセミナー

メールアドレス  




無料メールセミナーへの登録後、山田剛士(メールマガジン発行者)によって
「0000160521:ツナギ売り入門 ポジションの作り方講座」 に代理登録されます 。
メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます 。
登録されたメールマガジンは右記ページから解除できます。 メルマガ解除ページ
なお、「まぐまぐ!」の公式メールマガジンには登録されません。
FX投資関連
「ツナギ売り実践塾」会員ログイン
「ツナギ売り実践塾」入会案内
勝率9割!損切り不要のFX投資術
FX半自動売買術【エントリープラン編】
【1−1】ポジション解体マニュアル
FX投資運用成績
マネーパートナーズで口座開設
インフォカート


メルマガバックナンバーはサイトでのみ閲覧できます
メルマガ・バックナンバー
無料メールセミナー
トップページへ戻る


下記の記事を読むと、【本気で損切りが不要】になります
両建てポジションの表記方法について
損失額を限定しつつ、無駄な損切りを避ける方法!?
「損切り」が効力を発揮するための3つの大前提
「損切り」よりも「両建て」の方が【明らかに有利】な理由!
ツナギ玉の決済タイミングによリスク対リターンを変更する方法
再エントリーの建て玉枚数により損益バランスを調整する方法
【損切り後になぜか反発する】哀れなジンクスを避ける方法
不動産投資関連
その物件は『資産』か、『負債』か。一発判定!
〜 不動産キャッシュフローシュミレーター 〜

不動産キャッシュフローシュミレーターデモ画面
物件情報ワークシート
借入金ワークシート
減価償却費計算ワークシート
キャッシュフロー計算ワークシート
不動産キャッシュフローシュミレーター商品説明ページ
「ツナギ売り実践塾」で無料ダウンロードできます

3週間でマスターする!不動産投資の基礎知識
〜 キャッシュフローと税金の知られざる関係 〜

案外知らない「キャッシュフロー」と「利益」の関係
よく分かる「キャッシュフロー」の導き方
まとめてみました!賃料以外の収入あれやこれや
よく耳にするけど、「減価償却」ってナンだろう?
減価償却 ――2種類の償却方法
定額法と定率法、中古資産の耐用年数の決まり方
償却資産にかかる固定資産税について
元利均等返済と元金均等返済、どっちがお得!?
減価償却費で損しないための売買契約書のポイント
Copyright @ ツナギ売り実践塾 All Rights Reserved.

「ツナギ売り実践塾」8日間無料メールセミナー

メールアドレス  

なぜツナギ売りを覚えると損切りが不要になるのか?
なぜ1日たった10分の作業で投資判断ができるようになるのか?
なぜチャートすら見る必要がなくなるのか?
なぜスワップ金利を支払わずに売りポジションが建てられるのか?
なぜ「ほったらかし」の売買ルールで劇的な結果がでるのか?
なぜプロでも勝ち続けるのが難しいFXに「ゲーム感覚」で挑めるのか?

「ツナギ売り実践塾」会員様から頂いた生の体験談を交えつつ、
画期的なツナギ売買の知られざる本質に迫る8日間の無料メールセミナー
あなたのトレーディングアプローチが180°変わること請負です!

無料メールセミナーへの登録後、山田剛士(メールマガジン発行者)によって
「0000160521:ツナギ売り入門 ポジションの作り方講座」 に代理登録されます 。
メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます 。
登録されたメールマガジンは右記ページから解除できます。メルマガ解除ページ
なお、「まぐまぐ!」の公式メールマガジンには登録されません。

メッセージを閉じる】【メールセミナーの詳細を確認する