ツナギ売り実践塾
一生役立つプロ相場師の高等テクニックが学べます
分かっちゃいるけど損切りできないあなたへ
損切り不要な半自動売買のやり方、教えます

建物は定額法のみ、減価償却資産はどっちでも!

ここで少々残念なお知らせがあります。減価償却資産の償却方法には定額法と定率法の2種類があり、初年度には定率法の方がより多くの減価償却費を計上できるという性質があることは既にご説明したとおりです。手元に多額のキャッシュを持つオーナーさんであれば、多くの物件を買い漁り、定率法で償却することで多額の減価償却費を計上し税金支払いを軽減させ、蓄積したキャッシュフローをさらに別の投資に振り分ける、ということが過去には可能でした。しかし平成10年4月以降に取得した建物の償却方法は定額法のみとなりました。で、あれば、わざわざ定率法の計算プロセスを理解することに何の意味もなかったのでは?とお思いになったかもしれません。まあ、否定はしません。半分事実ですし。


でもですね。一応、定率法を学ぶ意味はあるんです。なぜなら、建物と同様、電気設備やガス設備、冷暖房などといった建物付属設備や事務机、応接セットなどの器具備品などの設備も減価償却することが可能で、その償却方法は定額法でも定率法でもよいのですよ。ほら。意味なくはなかった!

補足) 減価償却の方法を変更しようとするときは、その変更しようとする年の3月15日までに所轄の税務署長に申請書を提出してその承認を受ける必要があります。


なお、平成10年4月1日以後に取得した建物の償却方法は、定額法のみとなります。取得には、購入や自己の建設によるもののほか、相続、遺贈又は贈与によるものも含まれますから、平成10年4月1日以後に相続などにより取得した建物の償却方法は、定額法になります。


設備を買っても、税金はかかるのだ!

ただし土地、建物を取得すると毎年固定資産税および都市計画税が課せられるのと同様に、償却資産(土地、建物以外の事業用資産のこと。平たく言えば設備のこと)にも固定資産税が課せられます。償却資産とは、具体的には次のようなものです。

1. 構築物
受・変電設備、予備電源設備、舗装路面、庭園、門、
塀・緑化施設等の外構工事、看板(広告塔等)、ゴルフ練習場設備、
建物附属設備(建築設備、内装等)等

2. 機械及び装置
各種製造設備等の機械及び装置、クレーン等建設機械、
機械式駐車場設備(ターンテーブルを含む。)等

3. 船舶
ボート、釣船、漁船、遊覧船等

4. 航空機
飛行機、ヘリコプター、グライダー等

5. 車両及び運搬具
大型特殊自動車、構内運搬車等、貨車、客車等

6. 工具、器具及び備品
パソコン、陳列ケース、看板(ネオンサイン)、医療機器、測定工具、
金型、理容及び美容機器、衝立等


上記のような償却資産を取得した場合、毎年固定資産税の支払いが発生します。では、そのコストはどの程度なのでしょうか?例を用いて計算してみましょう。 所有する資産はルームエアコン、看板(ネオンサイン)、舗装路面(コンクリート敷)と仮定して平成18年度の税額を計算してみましょう。条件は下記の通り。


償却資産名 取得年月 取得価格 耐用年数
 ルームエアコン  平成16年11月 500,000円 6年
 看板(ネオンサイン)  平成16年 2月 1,600,000円 3年
 舗装路面(コンクリート敷)  平成17年 9月 2,700,000円 15年


平成18年の税額を計算するため、平成16年に取得したルームエアコンと看板は前年前に取得した資産欄に、平成17年に取得した舗装路面は前年中に取得した資産欄に計上します。以上の数値を入力すると下図のようになり、平成18年度の前述の償却資産にかかる固定資産税は46,700円と計算されました。
(下記の図は、不動産キャッシュフローシュミレーターを使用し計算したものです)

不動産キャッシュフローシュミレーター

借入金返済方式の違いが「税金」と「キャッシュフロー」におよぼす影響

ツナギ売り実践塾メンバーズサイト

FX業者も知らない両建て戦略のメリット教えます!

両建ては「買いポジションも売りポジションも両方持っている状態」を意味しますが、 この技術を適切に使いこなせるようになるためには両建ての原理の理解が不可欠です。中途半端にしか理解していない状態で手を出すには結構リスキーな売買テクニックです。 しかし両建て、いわゆる「つなぎ売り」を使いこなせるようになると、

損切りせずに損失額を一定水準に止めることができるようになります

損切りが不要になるため、結果的にもの凄く勝率が跳ね上がります

そのため、ほとんどの場面で利益が優先する状況になります

しかも、一度売買注文を出せばあとは 放っておくだけなので、
ほぼ半自動売買です


上記のように両建てを理解すると、通常の「売った、買った」の単発売買とは明らかに次元の違う投資手法の構築が可能になります。しかしながら両建て戦略を使いこなせている投資家はほぼ皆無と言っても過言ではありません。


両建て戦略が世に広がらない大きな理由

FX業者は「両建ては経済合理性を欠く」とのもっともらしい理由でデメリットばかりを強調しますが、両建てのメリットについては一切言及していません。それはなぜか?要するにFX業者でさえ両建てのメリットを十分に理解していないのです。それでは両建てに関する新事実をこっそりお教えしましょう!
会員ログイン
入会案内
料金プランの選び方
FX投資教材
勝率9割!損切り不要のFX投資術
FX半自動売買術【エントリープラン編】
【1−1】ポジション解体マニュアル
実践塾内でダウンロード可能なコンテンツ
ツナギ売りの真髄 (3,600円)
くじけない株式投資 (22,500円)
複利表 (3,150円)
不動産シミュレーター (3,150円)
各種売買譜(非売品)
鞘取り用「ブロック」(非売品)
※コンテンツは、順次増えいく予定です
FX投資運用成績
運用成績
使用FX口座
マネーパートナーズ
無料情報
殿堂入りメールマガジン
無料メールセミナー
ツナギ売り体験談
Q&A
Q&A
連絡先・その他
連絡先
取材申込はこちらから
プロフィール
利用中のWebサービス
インフォカート
ロリポップサーバー

「ツナギ売り」入門
ポジションの作り方講座

「ツナギ売り実践塾」 8日間無料メールセミナー

メールアドレス  




無料メールセミナーへの登録後、山田剛士(メールマガジン発行者)によって
「0000160521:ツナギ売り入門 ポジションの作り方講座」 に代理登録されます 。
メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます 。
登録されたメールマガジンは右記ページから解除できます。 メルマガ解除ページ
なお、「まぐまぐ!」の公式メールマガジンには登録されません。
FX投資関連
「ツナギ売り実践塾」会員ログイン
「ツナギ売り実践塾」入会案内
勝率9割!損切り不要のFX投資術
FX半自動売買術【エントリープラン編】
【1−1】ポジション解体マニュアル
FX投資運用成績
マネーパートナーズで口座開設
インフォカート


メルマガバックナンバーはサイトでのみ閲覧できます
メルマガ・バックナンバー
無料メールセミナー
トップページへ戻る


下記の記事を読むと、【本気で損切りが不要】になります
両建てポジションの表記方法について
損失額を限定しつつ、無駄な損切りを避ける方法!?
「損切り」が効力を発揮するための3つの大前提
「損切り」よりも「両建て」の方が【明らかに有利】な理由!
ツナギ玉の決済タイミングによリスク対リターンを変更する方法
再エントリーの建て玉枚数により損益バランスを調整する方法
【損切り後になぜか反発する】哀れなジンクスを避ける方法
不動産投資関連
その物件は『資産』か、『負債』か。一発判定!
〜 不動産キャッシュフローシュミレーター 〜

不動産キャッシュフローシュミレーターデモ画面
物件情報ワークシート
借入金ワークシート
減価償却費計算ワークシート
キャッシュフロー計算ワークシート
不動産キャッシュフローシュミレーター商品説明ページ
「ツナギ売り実践塾」で無料ダウンロードできます

3週間でマスターする!不動産投資の基礎知識
〜 キャッシュフローと税金の知られざる関係 〜

案外知らない「キャッシュフロー」と「利益」の関係
よく分かる「キャッシュフロー」の導き方
まとめてみました!賃料以外の収入あれやこれや
よく耳にするけど、「減価償却」ってナンだろう?
減価償却 ――2種類の償却方法
定額法と定率法、中古資産の耐用年数の決まり方
償却資産にかかる固定資産税について
元利均等返済と元金均等返済、どっちがお得!?
減価償却費で損しないための売買契約書のポイント
Copyright @ ツナギ売り実践塾 All Rights Reserved.